FC2ブログ

Entries

水槽には

5月30日(土) 晴れのち雨鮎市場の水槽そろそろお掃除しちゃらないかんなってますが。ちっこいウナギさんが3匹と、中くらいのウナギさんが1匹棲んでる水槽です。いつも砂利の中に隠れて姿を見せないちっこいウナギさん、今日は何やら元気いっぱいで、ずーーーーっと泳いでおります。なせ?昨日、いっぱいヌマエビを入れてもらったせいやろか?ま~ わちゃわちゃです。ぼーーーっと水槽に見入ってしまう、弟子です。何か悩み...

生けすには

5月29日(金) 晴れ鮎市場の生けすです。「ま~これにいっぱいウナギが入っちょうかよっ」ってなことはなく・・・ナマズさん。ナマズさん、こんなもんぢゃないっすよ・・・うぇっあと、こちらには、スッポンさんが入ってます。結構な数でお棲まいになっております。スッポンさんが入った時は大将の「はーーいっ カメさーーーーーんっ」という声が聞こえます。スッポン、こわい。...

5月28日(木) 晴れ先日、「今日の注文のとこは、ウナギの肝はいらんとこやけん、お前いるか?」と、大将が弟子にウナギの肝をくれました「やったーーーーーーーっ」の弟子です。も~大好きよ、肝!うすく小麦粉をまぶして、多めの油に投入。パッチンパッチンと肝が破裂して油が顔やら腕やら足やらに飛び散って、かなり危険な料理でしたが、体を張る価値は十分にあります。ちょっと甘辛くからめるか、塩コショウの味付けにする...

歴史

5月26日(火) 晴れ鮎市場は、昭和43年に発ったんやって。弟子は、まだ生まれておりません。四万十川西部漁業協同組合は、昭和20年代の初期の頃にすでに発足しておって、四万十川の恵を頂く暮らしの歴史が、ずーーーーーっとつながっております。昔の鮎市場。道路の幅が全然違う。保育所に上がる坂道と、予土線の鉄道橋が見える位置から、ここら辺やなってのが、昔を知らない弟子にもわかります。今の鮎市場の、道路を挟ん...

川エビとタライ

5月25日(月)5月15日に解禁になった、四万十川川エビ漁でございますが、いまださっぱりでございます。ちょこっ ちょこっ と、お目見えしておる貴重な川エビ。「みちーっ エビが入ったら、これ使うてやれよ」と大将が取り出したるタライ。「これまたっ 年季入ってますがな。穴あいちょうで」と言うと、「これで丁度水が抜けてええがよ」と大将。なるほど!便利!何でも大事に使う、大将からの教え。年老いたタライも、か...

昭和な時

5月23日(土)  曇り鮎市場に来て間もないころ、「みちーーっこれ洗濯しちょってくれ~」と大将に頼まれた弟子。ウナギをさばくとき、ナマズをさばくとき、あらゆるシーンで、軍手を使う鮎市場。台拭きや手拭きタオルやら、イベント後の前掛けやら、何かと洗濯物がたまります。思わず「手洗い?」と問うてしまった弟子。「馬鹿言うな、洗濯機よ。外出たとこにあるけん」と言われ、「え?これ使えるが?」と、これまた思わず問...

ねーさん

5月22日(金) 晴れ鮎市場のきょーこねーさんです。めっちゃ仕事師で、弟子はねーさんに頼り切っております。おやつもくれます。ねーさんが入れてくれるお茶は、ほんまに美味い!きょーこねーさん、実は、鮎市場の大将よりも、えらい人。大将も、ねーさんには絶対逆らえません。「こらっ たいすけっ これなんぞね?」とねーさんに聞かれ、「はいっ まことにすいまっせーーん」と答える大将。それを見て笑う弟子。二人の背中...

四万十川天然ウナギ

5月21日(木)  晴れこの頃の仕入れは、ダントツでナマズさんが多いですが、四万十川天然ウナギもがんばってます。今の時期は、はえ縄漁という漁法で漁師さんがウナギを釣ります。なので、今の時期のうなぎは、太いのも結構います。「でかっ」と思わず出てしまうほど。梅雨に入る頃にゃ、ころばし漁も始まります。ころばし漁は、川舟を持っていなくても、仕掛けで捕れるので、「漁師さんも増えるけんにゃ」と、大将に言われま...

5月18日(月) 曇りのち雨あゆ市場の大将は、四万十川のこと、鮎のこと、うなぎのこと、川エビのこと、ナマズのこと、昔のことから今のことまで、何でも詳しいです。なので、若い人たちが、大将の話を聞いて勉強しに来てくれることもしばしば。先日も、自分の目で見て、実態を知っている大将の話は、とてもおもしろくて、勉強になります。めんどくさがり屋なので、いつもかつも機嫌よく話してくれるとは、限りませんが・・・実...

はじめまして

5月16日(土) 雨のち曇りあゆ市場に弟子入りして、早半月が過ぎました。あゆ市場大将の弟子、みっちゃんと申します。5月から働かせてもらってます。弟子入りするにゃ、ちと年を取りすぎた感はありますが、おばちゃん精一杯精進いたします。皆様、末永く宜しくお願いいたします。これが、大将。ちょっとピンボケしておりますが、わざとです。大将の足元の樽には、四万十川で捕れるナマズ。本当はうなぎが釣りたいのに、餌に食...

Appendix

プロフィール

あゆ市場

Author:あゆ市場
天然の老舗
四万十川西部漁業組合
「鮎市場」

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR